« SWIM:腕全体で掻き込む練習 | トップページ | モーニングライド@FUKUYAMA and ・・・・ »

高原をぬける初夏の風

100605i1

山口選手に頂戴した「福山から西の上の方の地図」をポケットに入れ、はつかいち宮島大会で使用予定のORCAでRIDE。府中市や世羅町の辺りを走って来た。

この方面はまるっきり初めて。山口選手に勧めて頂いたエリアだが、決まったコースが無いというので感じるがままアドリブで走った。3日前に仕事で世羅町を訪れたが、高原をぬける初夏の風がとても爽やかで、心待ちにした週末。


アプローチは芦田川畔を北上し石原トンネル出て直ぐに左折。動物園方面へ行く石鎚山山麓の道。アップダウンがある気持が良いルートだったが、府中方面への抜け道になっているのか大型車も多く走っていて怖かった。ここは日曜限定かも。

広島県道48号(松永新市線)の陸橋をくぐると、一気に交通量は減る。少し本気で登り、気持よく下って県道384号からR486へ入り、そのままJR福塩線の下川辺駅へ向かう。父石という交差点を左折し、谷沿いの県道24号を延々北上。R432を右折すると上下の街に到着。


上下町は旧天領で宿場町として栄えたが、街並は往時の雰囲気を今に残している。


↓大正時代の芝居小屋

100605i2


↓蔵を改築したカソリックの教会

100605i3


上下駅近くから南に下がる農道に入り、矢野温泉を抜け、天然記念物の「岩海」を目指す。

今日はこれを見る事を目的にしたのだが・・・。

100605i4

最後はバイクを担ぎ、ダートを登って岩海に辿りついたが、何が何だかさっぱり解らなかった。

こういう類なら、京都比叡山の八瀬天満宮から登った山中にある、白く光る岩石群(全く知られていないが)の方がよっぽど凄い。


矢野温泉まで戻り、女鹿山を巻く農道に入る。登り詰めると世羅高原が広がり、ご機嫌なダウンヒルが始まる。

100605i5


↓ドナというジェラート屋さん。デッキにテーブルがあるので休憩に良い。

100605i6


県道403号に合流して南下。突き当り右に行き、51号を左折して更に南下すると広域農道と交差する。「ふれあいロード」という名前がつけられているが、これもとても走り易い道。

農道を東へ行き、三川ダムを越えて県道56号を右折。芦田湖を右手に見ながらひたすら走る。


↓芦田湖

100605i8


県道は八田原ダム入口付近からトンネルが続く。道幅が狭く交通量も少ない(→怖い)ので、とりあえず八田原ダムに行ってみる。

100605i9


↓この辺りは、このような土地柄なのだ。

100605i10


ダムの下へ降りればトンネルを回避出来るのだが、いくら探しても降りる道が無い。やはりあの怖そうなトンネルを通らないダメかと思っていたら、変なものを発見。ダム下へ降りるエレベーターである。

ボタンを押してエレベーターを呼んでみたが、何かコレも怖い。乗っている時間もとても長そうだし気が引ける。

↓エレベーターはダムの天辺から下の出入口を結んでいる。
100605i11


トンネルかエレベーターか。しばらく思案してから、意を決しエレベーターに乗り込が、やはり怖かった。

予想通り速度はゆっくりで時間は長いし、しばらく降りると急に寒くなり、そして突然強い冷風が吹いて来た。ダム湖の水面下を通っているのだ。

ようやく出口がある階に到着。扉が開くと秘密基地みたいな所に出た。人影は無く、暗くて寒くて、壁からは水がシミ出ている。

私は猛ダッシュで、逃げるように50m程の通路を駆け抜け、ようやく外に出た。

100605i12

何事も無かったように河佐峡という美しい渓谷に沿って走り、もとの県道56号に合流。そして直ぐに県道24号に出て下川辺に戻った。

食事をとり、芦田川に沿うR486で府中方面へ行こうとするが、交通量が多いので反対の岸を行く道を進む。

府中新橋を右に曲がり山越の道を行ったが、ダウンヒルがなかなか良かった。

県道48号を左折、更に山越して朝のアプローチルートに出て帰路につく。

距離120km。これなら走るエリアまだまだ大きく広げられる。

ダムのエレベーターは怖かったが、そのまんま「高原をぬける初夏の風」になったような、とても気分が良いライド。

ほとんど車や人の姿を見る事がないルートも多く、まさに走り放題の空間だった。

しばらくはこのエリア開拓だけでも、走るネタには困らないだろう。

帰宅後はスイム。

腕全体を使ったストロークでガンガン泳ぎたかったが、割と脚がイッちゃっていて、1550mでフィニッシュ。


« SWIM:腕全体で掻き込む練習 | トップページ | モーニングライド@FUKUYAMA and ・・・・ »

BIKE RIDE」カテゴリの記事

SWIM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514190/48554863

この記事へのトラックバック一覧です: 高原をぬける初夏の風:

« SWIM:腕全体で掻き込む練習 | トップページ | モーニングライド@FUKUYAMA and ・・・・ »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ