« 4ヵ月ぶりのラン | トップページ | 旅立ちの前に »

Welcome to Shimanamiライドの下見

Soloでしまなみ。来週末、京都の皆さんと走る 'Welcome to Shimanamiライド' の宿やルートの下見を兼ね、大島まで行ってきた。距離179km。バイクはANCOH RHM9。

アプローチは浦崎から。来週のライドでは、「鞆の浦」や「浦崎〜向東」の純朴な情景も味わって欲しいので、福山スタートで考えている。


101017i2

「歌戸フェリー」は相変わらず貸し切り状態。釣り人が多かったので船頭に声を掛けると、チヌだという。それと、手軽に釣れるサヨリもシーズンを迎えている。チヌはフェリーが発着する浮き桟橋の下に居て、ダンゴの仕掛けを底に落とすと釣れるらしい。桟橋下には、他にカワハギや蛸・イシダイまで居ると言う。イシダイは元来外海に居る魚らしいが、気象変動で最近は瀬戸内に入って来るようになったとの事。何れにしてもこの桟橋、穴場みたいだ。


向島東岸からメインルートの因島大橋に入る。そこからは、いつものように多種多様多国籍のサイクリスト達で溢れていた。ここに来ると思うのは、一概にサイクリングと言っても本当に様々なスタイル・価値観を持った人達が居て、それぞれがそれぞれに楽しんでいるという事。どんなに速く走る「ロード乗り」や「TTバイク乗り」も、ここではマイノリティでしか無く、ヒエラルキーも存在しない。自分や仲間同士で思うがまま、自転車の本質的な魅力を存分に楽しむ事が出来る。しまなみ海道には、他のサイクリングコースでは有り得ない、全てのサイクリスト(勿論ママチャリ・レンタ・サイクリストを含む)を許容するスケールがあり、それは素晴らしい事と思うのである。


101017i1

因島は初めて東岸を回った。景色は良いのだが、アップダウンが長く続くので来週のコースには不向き。ただ練習コースとしては十分使えるので、走った意味はあった。


生口橋の手前、土生の集落では「水軍御船祭り」が行なわれていた。大山神社という神社で神事が執り行われ、同時にかつての水軍の活躍を偲ぶという主旨だそうだ。興味深かったのはその色使い。日本人離れした派手な色で、その理由が何なのかとても気になった。


生口島も東岸を回る。レモン谷のレモンの木には青い実が沢山なっていた。それそろ疲れて来たので、とてもレモンが欲しくなった。帰りは西岸を回り、瀬戸田のドルチェでレモンシャーベとを食べようと心に決める。


101017i6

大三島・伯方島を抜け、ようやく大島に到着した。宿は島の東岸にあり、ここも初めて海岸沿いを走った。多少アップダウンがあるが走りにくくはない。寂れた感じと、近くに見える今治の街のコントラストが面白い。
知らぬ間に宿が所在する町を過ぎてしまった。完全に見過ごしたようだ。少し戻り宿を発見。リアルな瀬戸内ありのまま。どんな感じかは行ってみてのお楽しみとしたい。


瀬戸田のドルチェ目指してひた走る。伯方島も大三島もノンストップ。
そして到着。

101017i3

迷わず「瀬戸田のレモン」を・・・。

101017i4

いや〜。本当に美味。行きに通ったレモン谷のイメージそのままの味。
しかもここのジェラートはカロリーがとても低い。


粛々と走り、歌港から戸崎に渡る。

101017i5_2

上手い具合に日が暮れる中、船上から今日駆け抜けた「しまなみ」を望む。

« 4ヵ月ぶりのラン | トップページ | 旅立ちの前に »

BIKE RIDE」カテゴリの記事

コメント

シマナミ、色々と計画ありがとうございます。非常に楽しみにしています。
しかし、最近弱いのでお手柔らかにお願いしますよ~。

MIZOさん
こちらも大変楽しみにしてます。
多分魚がメチャ旨いので、宴会メインで行きましょう。
今のところ天気も大丈夫そうです。
それと、浴衣とかタオルの類はあるそうなので、特に荷物は要らないと思います。
先ずは福山まで気をつけておいで下さい。
お待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514190/49780236

この記事へのトラックバック一覧です: Welcome to Shimanamiライドの下見:

« 4ヵ月ぶりのラン | トップページ | 旅立ちの前に »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ