WATER POLO

なみはやドーム

110505i1

昨日今日の2日間、大阪で行われた水球の試合に出できた。
学生最後のシーズン以来、本当に22年ぶりの事。

会場の「なみはやドーム」は、「花博」の跡地に作られたプールだった。
就職して駆け出しが大阪だったが、ちょうど「花博」が開催されていて、よく足を運んだ事を思い出した。当時はそれこそ水球しか知らない若造だった。

そんな所から再び水球の生活が始まる。
人生というのは、何かがどこかで繋がっているように思える。


2日間、ずっとゲームがあった。
思った以上にハードだったが、徐々に昔の感覚が甦って来た。
ミスも多くメンバーにご迷惑をお掛けしたが、シュートも2本決まり最高の気分だった。

脚への負担は少ないが、全身ボロボロ。特にシュートやパスでは使わない、左肩が異常に痛くなった。
よく考えてみたら、水中での敵との取っ組み合いで痛めたみたい。「喧嘩」をした後のような痛みだが、やはり水球は格闘技である。


しばらくトライアスロンは出来ないが、水球が出来るのは本当にありがたい。しかしこれもトライアスロンのトレーニングを継続して来たからやれるのだろうし、もしかしたら水球をやる為にトライアスロンをしていたのかも知れない。


H2O POLO

WATER POLO。
水の中でやるポロ。
水球のことである。

今日は大阪まで水球の練習に行った。
神戸水球クラブにジョインさせて頂き、5月4〜5日に大阪で行われる「なみはやゴールデンカップ」という大会に出場する事になったのだ。

練習は大阪の某強豪校(高校)のに参加。一日中試合形式で行われた。
本格的に水球をするのは22年ぶり。

いくらトライアスロンの練習で泳いでいるとはいえ、全然動けない。
宮古島大会のダメージ(バイクまでの)もあり、体力的にも辛かったが、何本かシュートが決まった。
得点した時の歓びは、自転車やトライアスロンと全く違うものだが、これはこれはゾクゾクしてしまう。

流石に20年も離れていると、ルールが大きく変わっている。
例えば、ゴールから5メートル以上離れていればフリースローでショートが打てる。
試合の流れを早くして、見る側を飽きさせない目的らしいが、なかなか慣れない。

巻き足(立ち泳ぎ)や平足で膝が少し痛んだが、直接接地したりペダルを踏み込むような事はないので、ダメージは少ない。

「昔取った杵柄」も鍛え続けなければ「腐った過去」でしか無い。
やりたい事や好きな事は、やり続けなければならない。
勿論ビジネススキルとか、やらなくはならない事も同様だが。

体験水球教室

金曜夜、日曜日に行われる駿府マラソン(ハーフ)出場の為、静岡の家内の実家へ移動した。

しかし膝の故障で出れそうもない。そんな事でストレスは最高潮に達していたが、その前日(本日)に静岡県立水泳場で「体験水球教室」があるというので飛びついた。

何と20年ぶりにする水球である。

折しも今日は私の誕生日。このイベントは、私にとって最高のプレゼントだった。


陸上でのハンドリングの練習から始めて、パス・シュート・そして簡単なフォーメーションまで、ひと通りのメニューを行った。

参加者はチームでプレーされている方から小学生まで様々だったが、本当に楽しい時間を過ごした。

フォーメーションでは思わず熱が入ってしまい、大声を出しながらかなり激しく動いた。


水球、本当に楽しい。しかもトライアスロンより全然ハード。

クロストレーニングにも良いし、今年は本格的な水球デビューを果たしたいと真剣に思う。


水球後は念のため明日に備え、シューズの慣らしを兼ねて10kmほどラン。

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ